Petunia

今日は祝祭日だが、なんの日か思いつかなかった。海の日(7/18) というのは知っていたが、山の日もあることはカレンダーで確認するまでは頭になかった。朝 外に出ると真っ赤な Petunia が目に飛び込んできたので今日の 1枚とした。ちょっと涼しい風が吹いたように思ったが、8時過ぎにはいつもの暑さにもどった(最高気温予報はは 33℃)。やれやれである。

Petunia

 

気象台の百葉箱

わが家は名古屋気象台のすぐ下に位置する。日頃 気象台の発表する気温が実感温度より少し低いように感じている。どういう環境の百葉箱で観測しているのか確認したい。朝早く(7時台)に結構きつい坂を登っていった。百葉箱のような旧式の観測設備はなく、センサーが立っているのだった。風通しがよく地面から照り返しは少ないようだった。ここら一帯を日和町という。まさに気象台にふさわさしい町名だ(気象台ができる前からの町名か、気象台ができてからの町名か 知らない)。ここからの眺めは非日常だった。ついでに周辺の住宅街を散策してきた。タニウツギ、蓮の花、百日紅、七変化、カシワバアジサイドライフラワー化した)など目を楽しませてくれた。早朝散歩を再開。

気象台 観測ヤード

気象台からの眺め A

気象台からの眺め B

気象台の坂道

タニウツギ

蓮の花

百日紅

七変化

カシワバアジサイ